スポンサーサイト

  • 2011.01.20 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


MAX ESSA (Bear Funk/Jansen Jardin)



Max Essa/



 
Idjut Boysをはじめ、Altz,Lindstrom,Chicken lipsなどのリリースで
世界規模のヒットを量産する、ディスコダブ・最重要レーベル

UK BearFunk Recordings

Max Essaは同レーベルの看板アーティスト/DJであり
そのキャリアは20年に迫る。

レーベル内随一とまで言われるレア・ディスコのレコードコレクションと、
膨大な知識から紡ぎ出されるDJ MIXは唯一無二の世界観を創り出す。

特に本国イギリスにおいては、その抜群のセンスとミキシングで
コアなリスナーから評論家まで、高い評価と絶大なる信頼を得ている。
 
Max Essaは8月の下旬に、自身のレーベル、
Jansen Jardinをスタートし、第1弾のリリースはYuki Suzukiの
「Need Your Love」でLee Douglasのリミックスを収録。各レコード店で
Sold outが続いている。
 
そして、10月にはファン待望のNew Album「White Shoes Blue Dreams」が
いよいよBearFunkよりリリースされており、最も乗っている
プロデューサー/DJの一人である事は疑いようがない。
 
MAXの深遠で、広大な音世界はバレアリックというキーワード越え、
世界中のミュージックファンを魅了している。
 


http://www.myspace.com/maxessamusic

http://www.bearfunk.net/

DJ KOCO a.k.a SHIMOKITA (DONUTS RECORD)



DJ KOCO a.k.a SHIMOKITA

世界のVINYL DIGGERをも唸らせる選曲と、バトルDJにも引けを取らないパーフォーマンス性・技量を併せ持ち、ライブ感120%のそのPLAYは常にオーディエンスを魅了する。
03年、"KOCO'S JAZZY GROOVES"、"SHIMOKITA HOUSE"をリリース。
その後も精力的にリリースし続け、TUS-ONE<K.O.D.P>、LARK CHILLOUT<A.Y.B FORCE>、ULTICUTUPS!との競演を経て、06年、"HIP HOP MIX SHOW"シリーズをスタート。
現在までにvol 1&0をリリース。07年、シリーズ物第2弾となる"TURNTABLE TRIX ONE"をリリースし、DJ BEATからスタートした人気シリーズ"UNDERGROUND RAILROAD"のVOL.2 FOR ALL THE HEADZも手掛け、VOL.3 DJ SEIJI<S.P.C>へと繋いだ。
その後も、アングラ最高峰"TIME TO SHINE"、新旧HIPHOP完成形"WITH THE DOPE SOUND"、サンプリングソースとの絡みが絶妙な"VINYL TRAVELER"、"HARDCORE HIP HOP"をリリースし、いずれも多くの反響を呼び、その存在感を広くアピールした。
現在、最新作"THA UNDAGROUND JOINT"を絶賛発売中!!
今冬、人気レーベル"HYDRA"の音源を用いた初のオフィシャルMIX CDリリースを控える。Diggingとは何か?DJingとは何か?DJ KOCO WORLDに乞う御期待!!

http://www.donuts-record.com/products/products.html


Nubian Lady (Jazzy Sport/HiTide Productions)


Nubian Lady/ 

JazzySport 主催イベント「Jazzcats」から派生した女性
DJ 陣Sunny Sappa+TOMVO+pipparatreeからなる
DJ/ プロデューサーチーム。Nubian とはフランス語で「黒い」
の意。 Bobbi Hamphrey、Patrice Rushen 等に代表され
る、女性でありながらも黒く深いグルーヴに共鳴。 Jazz/Soul/
RareGroove/HipHop/Disco/House/techno/Electro/Nu Wave.... と、そ
こにブラックネスを感じればどんなカテゴリーでもジャンルレス且つし
なやかにミックスしていくBack To Backスタイルが特
徴。 現在まで、7枚のMix CD をリリース。
08年11月にはあのGilles Petersonも絶賛のオリジナルト
ラック「Pink Bomber」「In☆Flu☆Enza」
を収録した待望の1st EPをJazzy Sportより全世界に向け
てリリース! Nubian サウンドの原点ともいえる、ブラックネス
と80’sのカラーが絶妙にミックスされたトラックは国内
外から高い評価を得る。09年4月にはApple Store渋
谷でのインストアライブに出演、未来型DJ新機材next
beatのプレス発表会にてLIVEパフォーマンスも披露!アナログに
敬意を払いつつ、テクノロジーを積極的に取り入れた、「アナデジ」ス
タイルを提唱。そして2010年、時間と空間にとらわれることな
く、より自由な発想でのスタイルを求めて進(深)化中! ブ
ラック イズ ビューティフル! 



http://nubianlady.blogspot.com/

DJ KENSEI

DJ KENSEI /




ヒップホップ〜ブレイクビーツ〜アブストラクトから
エレクトロニカ〜ハウス〜ジャズ〜インプロ・・どのジャンルに進んでも、
いつの時代でも、ダンスフロアから絶大な支持を受ける
日本が世界に誇るDJ・プロデューサー。


 

盟友DJ QUIET STORMとのフリースタイルセッション、長い沈黙を破って再び動き始めた「KEMURI PRODUCTIONS」や、ここ数年は世界的オルガン奏者KANKAWAとジャズ・エレクトロを融合した「NUDE JAZZ」、「Coffee&Cigarettes」等を中心に、その活動は多岐にわたる。





今回も他を超越したテクニックと選曲は、
世界最高峰の高みに到達した、極上の時間を体感できるだろう。





http://www.djkensei.com/


DJ QUIET STORM (中目黒薬局)


音楽にしかないアルティメット・フリーダムを目指して、真剣に進化し続ける冒険家。

ヒップホップ、ブルース、ジャズ、ファンク、ロック、レゲエ、ダブ、ハウス、ドラムンベース、プログレ、、、音の琴線を独自の技法を持って紡ぎだし、術を使って織りなす壮大なタペストリーは、脳に触れると融解し精神界に糸を垂らす。サイケ・サウンド・ディーラーとも呼ばれる由縁。

これまでに聞いたことのない斬新でオリジナルなミックスと卓越した技術をヒップホップに対する強い愛情とそれを実現する機材を駆使し、長年、真の音楽家と呼ばれ続けた彼は、ミキシングスキルをあるべきネクストレベルへと高めた。


DJのフロンティアをリアルな方向に拡げ、責任持ってHIP-HOP DJの未来の姿を作る音楽は全方位のリスナーに、今投げ出されている。

http://djquietstorm.wordpress.com/
http://www.nakameguro.com/

松浦 俊夫




松浦 俊夫

1990年にUnited Future Organization (U.F.O.)を結成。
日本に於けるクラブカルチャー創世記の礎を築く。
12年間で5枚のフルアルバムを全世界32ケ国で発売、高い評価を
得た。

2002年の独立後も精力的に世界中のクラブやフェスティバルでDJ
を続ける。

またJames Brown,Earth Wind&FireからAstor
Piazzolla,Gotan Projectまで
幅広いジャンルのアーティストのリミックスを手掛ける傍ら、ファッ
ションブランド等のコンピレイションやブティックの音楽の監修も行っている。

その世界を舞台に培われた感性とネットワークを駆使し、イベントのプロ
デュース、コンサルティングやGilles Peterson,Tomatoなどアーティストの
エージェント業務等、その活動は各方面から注目を集めている。

近作にAlfa Romeo 8CのイメージCD『Alfa Sound』、
Blue Noteのコンピレイション
『Sunday Blue』(EMI MUSIC JAPAN)などがある。


http://www.toshiomatsuura.com/
http://www.myspace.com/djtoshiomatsuura
http://openers.jp/culture/matsuura_toshio/index.html
http://ameblo.jp/seveneleven/

DJ BOBO JAMES a.k.a D.L(DEV LARGE)



DJ BOBO JAMES a.k.a D.L

(以下は、ご本人からMAGNETIC用に作成して頂いたプロフィールです。)

元BUDDHA BRAND,
現在、ILLMATIC BUDDHA MC'S,
SUGINAMI UNDERGROUND,
プロデューサー,
ORIGINAL GHETTO FUNK DJ,
選曲家,
ダイハードディグマダフアカ,
ハードコアコンポーザー,
パートタイムポエット,
レフティー,
すべての可能性,
全知の存在の一部,
無限の意識,
スーパーナチュラル,
聖なる秘密の場所の東方の主,淫吹異内徒,

“ワンネス”

“2009年は連中の、2010年はゲトーバケイションから帰還する俺達の”

RYUHEI THE MAN (universounds / The Man's World Productions)



RYUHEI THE MAN (universounds / The Man's WorldProductions)

90年代半ばよりレコード収集、執筆、DJを中心とした音楽活
動を始める。ジャンルを超えた幅広い選曲と安定したプレイには定評があり、
現在最も黒いグルーヴを生み出すDJの一人としてファンの絶大な支持を得ている。

2002年DEV LARGE氏らとMIX TAPE『BROTHERS ON THE RUN』を
2004、6、7年にはソロMIX CD『A MESSAGE FROM THE MAN 1/2/3』
をリリース。

また、国内初となるファンクの7インチのみによるディスク・ガイド
『FUNK 45's』、レア・グルーヴのバイブルとなるディスク・ガイド
『Rare Groove A to Z』に筆者として参加。

更に2009年には自身のキャリア初となるオフィシャルMIX CD
『NEXT MESSAGE FROM THE MAN』をリリース。レコード・ショップ・オーナー
DJ、執筆と多方面で幅広い活躍を見せている。

黒田大介

 
黒田大介/


1990 年前後のレアグルーヴ・ムーヴメントに激しく影響を受けDJ活動をスタート。1997年頃より本格的にfunk 45sの世界に没入する。


日本のトップ Funk DJとして幾多のイベント/パーティーにゲストDJとして参加しながら、レギュラー・パーティー 「WAH WAH」(偶数月第3金曜@渋谷The Room) 、「in BUSINESS」(奇数月第3土曜@渋谷Club ASIA)、「SEARCHING」 を中心に活動中。


そのフロアと呼応した的確かつ鋭角なプレイには凄味すらあり、文字通りクラウドを狂喜乱舞させる。MixCD "kickin" シリーズ (vol.1~4)は国内外から高い評価を受けている。


http://www.sostokyo.com/searching/

MAX ESSA ((BEAR FUNK))




Idjut Boysをはじめ、Altz,Lindstrom,Chicken lipsなどのリリースで
世界規模のヒットを量産する、ディスコダブ・最重要レーベル

UK BearFunk Recordings

Max Essaは同レーベルの看板アーティスト/DJであり
そのキャリアは20年に迫る。

レーベル内随一とまで言われるレア・ディスコのレコードコレクションと、
膨大な知識から紡ぎ出されるDJ MIXは唯一無二の世界観を創り出す。

特に本国イギリスにおいては、その抜群のセンスとミキシングで
コアなリスナーから評論家まで、高い評価と絶大なる信頼を得ている。

Max Essaは8月の下旬に、自身のレーベル、
Jansen Jardinをスタートし、第1弾のリリースはYuki Suzukiの
「Need Your Love」でLee Douglasのリミックスを収録。各レコード店で
Sold outが続いている。

そして、10月にはファン待望のNew Album「White Shoes Blue Dreams」が
いよいよBearFunkよりリリースされており、最も乗っている
プロデューサー/DJの一人である事は疑いようがない。

MAXの深遠で、広大な音世界はバレアリックというキーワード越え、
世界中のミュージックファンを魅了している。


http://www.myspace.com/maxessamusic
http://www.bearfunk.net/

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
DJ MIX for Download
dreamoon mix
mixed by yukiful
a.k.a.TOMVO(Nubian Lady)


selected entries
categories
archives
recent comment
  • いよいよ本日。23日。MAGNETIC FINAL!!!!
    AtoZ (08/27)
  • 10月23日(SAT) MAGNETIC@蜂 FINAL!!!!
    ひろえ (10/10)
  • MAX ESSA ((BEAR FUNK))
    matt (12/18)
recommend
recommend
Pound for Pound
Pound for Pound (JUGEMレビュー »)
オムニバス,GAGLE,grooveman Spot feat.Jeru The Damaja,Bottom Fly,Hanif Jamiyl feat.DJ Mitsu the Beats,DJ KIYO & Masaya Fantasista,Mika Arisaka & Bembe Segue
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
sponsored links